ピッキオの活動報告

  1. 01. クマの事情その1:子グマのプリンセス

    ピッキオはクマの保護管理活動の一環として1999年から放獣(*)を行っている。
    現在に至るまでに捕獲したクマの数は96頭、放獣して追跡したのが86頭というからすごいものだ。
    だが、放獣をしたからといってそのクマが助かるというものでもない。
    その後も何度か人里へ下りてきて問題行動を繰り返すクマは、町からの要請を受けて駆除しなければならない。いずれの場合も、人間の都合優先である。だが、クマにだって都合があるだろうに……。そのつどピッキオは、人間とクマとの間に立って、苦渋の選択をすることになる。
    「駆除したクマの数はこの15年間で26頭に上りますが、それらのクマのことはすべて、1頭1頭、はっきりと覚えています」と、ピッキオの田中純平さんはいう。
    その純平さんから、中でも忘れ得ぬクマの話をきいた。
    今回から「クマの事情」と題して、連載で、そのうちの何頭かのクマのエピソードを綴っていくことにする。

    「子グマのプリンセス」
    プリンセスが捕獲されたのは2008年6月23日のこと。南軽井沢のプリンスのスキー場の南側、バイパスがある辺りで捕獲、というか保護されたそうだ。通報を受けて純平さんたちが駆けつけたところ、まだ生まれて何ヶ月にもならない子グマで女の子だったらしい。
    プリンスエリアで保護された女の子、ということで「プリンセス」と命名したまではよかったのだが、さてそのあと、どうしようか、と、純平さんたちは頭を悩ませた。
    母グマの影もなければいる気配もなく、6月に入ってから子グマが1頭だけウロウロしていたという目撃証言から、このプリンセスはみなしごだと判断。こんな赤ん坊がこれから1匹で生きていくのはおそらく難しいだろう。だが、この子がどうなるか見届けたい。そう思った純平さんたちは、発信器をつけてプリンセスを森の中に放してやる。
    だが、それからわずか1週間後に、純平さんたちは、雄グマに食べられて骨だけになったプリンセスの死体を回収することになる。頭骨がきれいに残っていたそうだ。
    軽井沢の別荘地がある森だと、人間との間に軋轢が生じる可能性もあるだろう、ということで、群馬県と軽井沢町の境にある森の中に放したのだが、それが却ってプリンセスの死を早めた結果になってしまったようだった。
    クマの世界では、「雄グマの子殺し」が行われるという。雄グマは自分のDNAを残すためには雌グマと交尾をしなければならない。だが子育て中の雌グマは発情しない。そこでその子グマが邪魔になって、「子殺し」を行うのだ。
    ひょっとしたら、プリンセスも、母グマと一緒にこの子殺しから逃げ回っていたのかもしれない。
    雄グマが子グマを襲おうとしたとき、母グマは自分の命を捨ててでも子グマを守ろうと雄グマに立ち向かっていくこともあるという。プリンセスの母グマがそれで命を落とした可能性も考えられた。
    プリンセスにしてみれば、雄グマの存在は脅威であり、彼らがウロウロする森の中よりも、人間側にいた方が生きのびられる、と思って、プリンスエリアに逃げ込んできたのかもしれなかったのだ。
    人間側にいたら、やがて駆除の対象になる可能性もなきにしもあらずだ。それを考えたうえで、プリンセスを森に返したのだが、それは人間の事情である。
    クマにだってクマの、子グマにだって子グマの事情がある。だがそれを知ったところで、プリンセスを救うことはできたのだろうか。これが野生の世界の厳しさというものなのだろう。

    *放獣…人里に下りてきたクマを捕獲し首に発信器をつけて山に戻し、それ以降のそのクマの行動を追跡・監視すること。


© 2013-2017 Kazusa Nakamaru

Privacy Policy | Site Map