Journal Archives

  1. 01. 「ニホンリスのメロウ®」のキャラクターをよろしく!

    樹上性のいきものであるニホンリスは、豊かな森のシンボルです。
    豊かな森が多いと、それだけ、メロウたちニホンリスやほかの野生のいきものが元気に暮らせるということです。
    そしてわたしたち人間の暮らしも守られます。

    このメロウのキャラクターを目にしたら、
    どうか森の中に息づくかわいいいのちに思いを馳せてみてください。
    少しでもいいので、森の大切さについて考えてみてください。

    よろしくお願いいたします。

  2. 02. 「ニホンリスのメロウ」講演会 in 金沢

    軽井沢観光協会と北陸中日新聞社のご後援で「ニホンリスのメロウ」の講演会が紅葉の美しい時期に金沢にて開催されることになりました。

    ■演題:「ニホンリスのメロウの住む森のおはなし」   
         パネル展示とスライドショウつき
    ■講師:中丸一沙
    ■日時:2015年11月14日(土)14時開場/14時半開演~18時閉場
    ■会場:金沢勤労者プラザ 405号研修室
    http://kinpura.com/kinpura.html
    ■主催:求龍堂
    ■後援:軽井沢観光協会、北陸中日新聞社
    ■定員:55名(先着順、予約優先)
    ■入場料:お一人様500円
    ■ご予約とお問合せ:求龍堂03-3239-3381(営業部) 
         ご予約の締め切り:2015年11月13日(金)17時
    ■記念品:ご来場者全員にメロウのポストカード5枚セットとオニグルミグッズをプレゼント

    当日は書籍「ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語」とメロウグッズの会販があり、売り上げの一部をニホンリスと軽井沢の自然の保護・育成活動に寄附されます。

    これら講演会の目的と趣旨については、
    https://www.facebook.com/Nakamaru.Kazusa/photos/a.521838047878396.1073741828.520141198048081/1002693976459465/?type=3&theater
    をご覧ください。

  3. 03. 第34回笠間の陶炎祭 「ニホンリスのメロウ」の講演会とパネル展

    ~「ニホンリスのメロウ™」講演会 i n 笠間陶炎祭~
    きたる4月30日、
    毎年52万人以上の人が訪れるという笠間陶炎祭で、
    「ニホンリスのメロウ™の住む森のおはなし」をさせていただきます。

    ◆前半は世界最古といわれている「ギルガメッシュの叙事詩」を引用して森のお話を進めていきます。後半は求龍堂の編集者の深谷路子氏との対話形式でニホンリスのお話を進めていきます。
    ◆<パネル展>は陶炎祭会期中 4月29日~5月5日はずっと陶芸家小林理恵氏の「蒼い陶」のブースにてご覧いただけます。なお、書籍「ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語」その他、メロウグッズも当ブースにて展示販売されます。

    ■講演会の日時:4月30日 13:00~14:30
    ■場所: 笠間芸術の森公園イベント広場の中央ステージ<MAP>
    http://himatsuri.exblog.jp/23923996/
    小林理恵氏の「蒼い陶」はその透明感溢れる色合いと、個性的な作風で多くのファンに支持されています。
    小林理恵「蒼い陶」
    http://tennokatachi.muse.weblife.me/index.html/

    ★Facebookイベントへの参加表明はこちらから

    ※笠間の陶炎祭 公式WEBサイト
    http://www.himatsuri.net/
    ※笠間の陶炎祭 公式Facebookページ
    https://www.facebook.com/Kasama.himatsuri

    <補足>
    中丸一沙のニホンリスのメロウ™プロジェクトの根底にある考え方
    ニホンリスは森のキーアニマルであり、ニホンリスが増えるとその下位層の野鳥や野ネズミ(アカネズミやヒメネズミ)が増え、それによって天敵のキツネやテンや猛禽類が増え、森の生態系のボトムアップが実現される。そのためには種々の広葉樹に覆われた豊かな森を保護育成していかねばならない。すると今度はニホンリスや野鳥やクマなどの動物が木の実を媒体にして森をつくっていく。ことにニホンリスは貯食という形で直接実を地中に埋めるのでダブル効果で森をつくる。森が元気だと海も豊かになる。広葉樹の神秘的なメカニズムで冷却効果も得られ、人間にとっても大きな恩恵をもたらす。ニホンリスのメロウ™を親善大使とすることでこういった森のいのちの連鎖を広く訴えていく。

  4. 04. 『ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語』刊行記念写真展

    軽井沢観光協会推薦図書
    『ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語』
    刊行記念写真展

    ■日時:2014年9月6日(土)~15日(月)
        10:00 ~ 19:00 
    ■会場:チャーチストリート軽井沢1F
        K×K cafe(ケイケイ カフェ)
    〒389-0103
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢601-1(旧軽井沢)
    TEL 0267-41-2501
    ■主催:求龍堂
    ■共催:チャーチストリート軽井沢
    ■動画コーナー併設

    軽井沢の町獣であるニホンリスの写真と、その愛らしい様子や生態について書かれたフォトエッセイが刊行され、このたび軽井沢観光協会推薦図書になりました!
    刊行を記念して、本書掲載のニホンリスの写真や、最近のとっておきの写真を展示した写真展を開催いたします。

    軽井沢在住の著者も、ときどき来店!
    タイミングがあえば、ニホンリスや軽井沢の自然について、お話をさせていただけるかもしれません。
    カフェでのくつろぎのひとときに、可愛いリスの写真で癒されてみませんか?
    「K×K cafe」でお待ちしております!
    ※店内で本の販売もいたします。

    ★トークショーも決定しました。どうぞお出かけください。

    ●Vol.1 チャーチストリート軽井沢 K×K cafe
    9月13日(土)15:30~
    軽井沢観光協会会長 土屋芳春さん他と、著者の中丸一沙で、軽井沢の自然について語り合います。
    https://www.facebook.com/events/327626347418435/

    ●Vol.2 モトテカコーヒー軽井沢
    9月20日(土)17:00~
    スクリーンでスライド画像を見ながら、FM Karuizawa Ready Steady Goでおなじみの星野さんを巻き込んで、ニホンリスのことや森のことをお話しします。
    ★スライドで見ながら、軽井沢の町獣ニホンリスの愛らしい様子や生態についてトーク!
    ★サプライズなゲスト【ジャズボーカリスト&ピアニスト】も応援に駆けつけてくださる予定です!
    https://www.facebook.com/events/682620581819645/

  5. 05. 「ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語」の紹介

    8月25日に求龍堂から発売されるフォトエッセイ、
    「ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語」では、
    この軽井沢に移住して約2年、毎日欠かさずにKazusaの森にやってきてくれる
    ニホンリスの定点観測で知り得た彼らの生態と習性を、
    とっておきの写真と書き下ろしのエッセイによって分かりやすく紹介しています。
    昨年の春にこの森で生まれたメロウという雌リスが主人公の物語になっていますが、
    ほかにもいろいろな情報も詰め込まれています。
    ニホンリスは、軽井沢の町獣にも指定されていますが、
    貴重な日本の在来種、それも固有種です。
    本書では、巻末にこのニホンリスの歴史を紹介するとともに、
    外来種の問題なども取り上げて、
    ニホンリスという在来種を守っていくことにどういった意義があるかも訴えています。


© 2013-2017 Kazusa Nakamaru

Privacy Policy | Site Map