Journal Archives

  1. 01. 「ニホンリスのメロウ®」のキャラクターをよろしく!

    樹上性のいきものであるニホンリスは、豊かな森のシンボルです。
    豊かな森が多いと、それだけ、メロウたちニホンリスやほかの野生のいきものが元気に暮らせるということです。
    そしてわたしたち人間の暮らしも守られます。

    このメロウのキャラクターを目にしたら、
    どうか森の中に息づくかわいいいのちに思いを馳せてみてください。
    少しでもいいので、森の大切さについて考えてみてください。

    よろしくお願いいたします。

  2. 02. 「ニホンリスのメロウ® Theプロジェクトfrom軽井沢」が発足しました

    中丸一沙は、フォトエッセイ「ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語」の刊行以来、
    軽井沢生まれの「ニホンリスのメロウ®」を親善大使とかかげ、
    ニホンリスと森の保護育成のための啓蒙活動の一環として
    パネル展や講演会などを各地で行ってきていますが、
    このたび、仲間たちの力強い協力を得て、
    「ニホンリスのメロウ® Theプロジェクトfrom軽井沢」を立ち上げることになりました。

    ■キャッチワード:
    知ることは守ること

    ■趣旨:
    340万年もの歴史をもつ日本固有の大切な在来種であるニホンリスは「美しい村」軽井沢の町獣です。そのニホンリスが年々数を減らしています。樹上性のいきものであるニホンリスは森のシンボルです。つまりニホンリスが減っているということは豊かな森が減っているということです。これらのニホンリスを守るということは豊かな森を保護育成することであり、それはわたしたち人間の未来をも明るくすることです。しかも、ニホンリスが増えるとその下位層の野ネズミ(アカネズミやヒメネズミ)や小さな野鳥たちが増え、それによって天敵のキツネやテンや猛禽類が増え、森の生態系のボトムアップが実現されます。このことからニホンリスは森のキーアニマルであるといえます。そのニホンリスをこれ以上減らしていかないためには、針葉樹だけでなく、種々の広葉樹に覆われた豊かな森を保護育成していかねばなりません。そうすると今度はニホンリスや野鳥やクマなどの動物が木の実を媒体にして森をつくっていってくれます。ことにニホンリスは貯食という形で直接実を地中に埋めるのでダブル効果で森がつくられていきます。森が元気だと海も豊かになります。また、広葉樹の神秘的なメカニズムで冷却効果も得られ、人間にとっても大きな恩恵をもたらしてくれます。わたしたちは、自然保護活動の大原則「知ることは守ること」に則って、ニホンリスのメロウⓇを親善大使とする種々の啓蒙活動を行っていくことで、こういった森のいのちの連鎖を広く訴え、次世代、次々世代へ美しい森とその中で育まれるいのちを残していきたいと思っています。

    ■構想:
    フォトエッセイ『ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語』(著者:中丸一沙/発行:求龍堂)を核に、その主人公のメロウを親善大使とし、以下の5本柱を主軸として展開していくプロジェクト。

    1. 中丸一沙のフォトエッセイ『ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語』のパネル展、講演会、レクチャーなどを介しての啓蒙推進

    2. 作家中丸一沙としての著作活動を介しての啓蒙推進
    ⇒ メロウシリーズの展開、翻訳化の実現、リスの物語りの読み聞かせ、メロウの公式サイトやブログなどからの情報発信

    3. 海外の野生動物保護団体などとの連携による啓蒙促進
    ⇒ USAのCAの野生動物保護団体や、ノルウェーの高校生が授業の一環として展開しているプロジェクトなどとのリンク

    4. ニホンリスの森づくり
    ・「メロウの森基金」の設立(講演会やパネル展その他各種イベントなどでの募金活動、メロウグッズの販売などで森づくりのファンドをつくっていく)
    ・オニグルミの苗やニホンハシバミの実の譲渡会やオニグルミの植樹会などを開催
    ・ニホンリスがやってこられるような庭や森づくりのカウンセリング

    5. メロウのキャラクターグッズの展開によるニホンリスへの関心づけと利益還元
    ⇒ 森づくりのファンドをつくっていくと同時に、この啓蒙活動を支援してメロウに関わった方々自身も少しずつ潤っていただけるような幸せの循環をめざすことが目的
    ・ライセンシー募集
    (このグッズは4番の「メロウの森基金」への寄付金付きチャリティーグッズとなるもので、制作販売を希望する業者は、商標と著作権使用に関してライセンサーの伊藤幸子とライセンシー契約を結ぶ必要がある。その際に寄付についても明記。)
    ・自主制作販売(募金活動の一環としての手作り活動)

  3. 03. 「ニホンリスのメロウ」講演会 in 金沢

    軽井沢観光協会と北陸中日新聞社のご後援で「ニホンリスのメロウ」の講演会が紅葉の美しい時期に金沢にて開催されることになりました。

    ■演題:「ニホンリスのメロウの住む森のおはなし」   
         パネル展示とスライドショウつき
    ■講師:中丸一沙
    ■日時:2015年11月14日(土)14時開場/14時半開演~18時閉場
    ■会場:金沢勤労者プラザ 405号研修室
    http://kinpura.com/kinpura.html
    ■主催:求龍堂
    ■後援:軽井沢観光協会、北陸中日新聞社
    ■定員:55名(先着順、予約優先)
    ■入場料:お一人様500円
    ■ご予約とお問合せ:求龍堂03-3239-3381(営業部) 
         ご予約の締め切り:2015年11月13日(金)17時
    ■記念品:ご来場者全員にメロウのポストカード5枚セットとオニグルミグッズをプレゼント

    当日は書籍「ニホンリスのメロウ 軽井沢Kazusaの森の物語」とメロウグッズの会販があり、売り上げの一部をニホンリスと軽井沢の自然の保護・育成活動に寄附されます。

    これら講演会の目的と趣旨については、
    https://www.facebook.com/Nakamaru.Kazusa/photos/a.521838047878396.1073741828.520141198048081/1002693976459465/?type=3&theater
    をご覧ください。


© 2013-2017 Kazusa Nakamaru

Privacy Policy | Site Map